そろそろ夏休みも終わり。

今日も娘ちゅは、朝から児童ディ。

残された妹は、1人水遊びをしてました。

20120825221508

入る時に「娘ちゅは~?」と
ちょっと1人だと少しだけ つまんなさそう。

でも居れば居るで、ケンカばっかなんだけど~(笑)
(りんが1人で怒っている感じだけどね。)
ま、普通の姉妹でも、きっとそんなもんよね。

そういや、私も小さい頃は、あんまり
お姉ちゃんと仲良くなかったな。^^;


はなかっぱハンマーを持って
何やら考えている風の りん。(なんか笑える。www)

20120825221509

パパちゅが様子を見に来ると、途端にご機嫌♪
大はしゃぎで、大喜びで遊んでました。











今日のお昼ご飯も、お弁当。(画像ナシ。^^;)


仕事している、パパちゅの分も作ったんだけど
私と りんがベランダのベンチで食べていると
自分も仕事部屋から椅子を持って来て、一緒に食べていた。w

ピクニックみたいで楽しかったな。



お弁当効果は今日もバッチリ。
よく食べました。^^

太陽サンサンで、暑かったけど
風は少しだけ、秋の雰囲気を感じられて
心地良かった。

太陽の下で食べるご飯、ナカナカいいね。w




さてさて。

娘ちゅの学校は
夏休みも来週でお終い。
(私の居住区の普通の学校は来週から始まります。)

毎日、毎日、娘ちゅは児童デイに行ってます。


行く時も、帰って来る時もニコニコ。
とっても楽しく過ごしている様子。

。。。なんだけど、母の胸中はたまに複雑。(ノД`)



移動支援も、児童デイも
母が決めてオーダーを出している。

そして、母が用意をして、食事介助をして
身支度をして送り出さなくちゃ、娘ちゅは何処にも行けない。

そこに娘ちゅ自身の意思と行動はナイ。


私自身の気持ちとしては
小学2年生位の子供は、外に出て、友達と遊んでいる方が
きっと楽しいんではないかな?と思う。

実際、自分もそうだったし
実家は自営で忙しかったせいか、夏休み
親と出かけるなんて、まったくなかった。

それでも、遊ぶ友達の居ない日でも
外に出て遊んでいた記憶ばかり。



娘ちゅも、家に居るより
家族と出かけて、車椅子に座りっぱなしより
ノビノビと同世代の子と遊べる方がいいかな?と思い
月曜~土曜は毎週、日曜日もたまにデイに行っている。

私も毎日居られても、ハッキリ言って、困るし。
(自分で何でもできるなら、いいけど。)



娘ちゅ自身も、毎朝 用意が済むと
自ら玄関まで行って、鞄を持って迎えの車を待って
楽しそうに乗って行くし、楽しそうに帰って来る。


でも、娘ちゅは言葉で答えをくれないから
実際はどっちがいいかは判んない。



勝手な私の判断なのかな?とか
自分がもっと色々と手をかけるべきなのかな?とか
日々、自問自答。たまに、何となく落ち込んだり。。。(;´Д⊂


ああ、何だかホント
「応え」のない葛藤ばかりね。
(こないだの暗い酔っ払い日記はこの事を考えていたのデス。。。)




というわけで


長らく気持ちが悶々としていたので
パパちゅに相談してみると。。。

「家に居たって太るだけだ。」
「家に居たって、ママに叱られるばかりだ。」

と、バッサリ。汗

そして「楽しそうに行っているなら、いいじゃん。
何か問題が生じているなら、良くないけど。」とな。


でもでも、もっと手をかけてやんなきゃいけないのかな?
でもでも、どう手をかけてやるのがいい事なのかな?

と、言ってみると。。。


「お前は頑張り過ぎると後で爆発するから
反って娘ちゅが可哀想だ。」と言われ、母・撃沈。


何となく気持ちが少し、スッキリしました。^^;
(ごめんね娘ちゅ、偉大な母でなくて。T_T)





本人が「答え」を
「応え」をくれないから
たまに、こんな風になるけれど・・・

自分たちの子だから
自分たちで考えていくしかないんだよね~


親も人間だから、限界もあるし。
介助に疲れる日もあるし。



とにかく、娘ちゅが
毎日、そしてこれからもずっと
楽しく幸せに過ごせますように、と、願うばかり。

最終的には結局
願い、ばかり。デスな。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

応えのないこと、不安になりますよね。
それでも、楽しんでいるうちは楽しい環境で正解なんでしょうね。
きっとこれから、また違う環境が必要になる時期も来るんでしょうね。
その時その時の「今、ここ」を大切にするのが大事なんですね。

勉強になります。

No title

HaNa君>




こんばんは~♪


毎日暑いけど、体調崩さず頑張ってますか?^^



障害児の親は、常に葛藤しているんだろうな
って、思う。

普通の育児でも葛藤だけど
障害児の場合、子供がいつまでも
赤ちゃんというか、幼児のようで
どこまで「手」を離していいかが判らない。

手を離す事が、その子の成長に繋がる
と、思ってはいても、人任せにして
結局自分がラクしたいだけなのかな?
なんて、自己嫌悪に陥ったり。

子供が「毎日楽しいよ!」
「家に居たってつまんない!」と言ってくれたり
自分から行動して出かけてくれれば
こんなこと思わないんだけどね。。

でもこれからも頑張っていきます。
娘ちゅの幸せを守るのも
娘ちゅのこれからを見守るのも

私の役目ですから。^^

プロフィール

tomochi97

Author:tomochi97
名前:ともちゅ。


パパ・ママ(私)
娘ちゅ(長女)・りん(次女)
の4人家族です♪♪♪

長女(娘ちゅ)は
アンジェルマン症候群という
先天性の疾病をもって

生まれてきました。


太陽のような可愛い笑顔と
これまで経験した事のない
沢山の幸せと共に

私の人生において
たくさんの「意味」や「課題」も
両手いっぱいに抱え
私の元におりてきました。

これからもこの笑顔と共に
一緒に笑って
泣いて、悩んで

でも。



最後まで共に
てをつないだまんま
生きていきます。

最新記事
最新コメント
お買い物♪

「DHCオンライン」

DHCオンラインショップ

DHCオンラインショップ

「ごちデリ365」

ごちそうデリ365 吉野家 牛丼の具 ごちそうデリ365

「プレミアムバンダイ」

プレミアムバンダイ プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ

「ピザーラ」

ピザーラ

「じゃらん」

宿・ホテル予約ならじゃらんnet

「ピザハットオンライン」

ピザハットオンライン

「楽天トラベル」

楽天トラベル株式会社

「楽天市場」

楽天市場
楽天市場
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR