みんないっしょにいきていく。

2月2日・土曜日。



午後から役員の仕事で娘ちゅの学校へ行き

障害児のお母さん達が立ち上げた
NPO法人「レインボー」という団体の
「理解啓発」の講座を拝聴して参りました。

「理解啓発」というと固く聞こえるけど
言葉ほど固い感じのものではなく・・・

障害のある子供達が、世の中で暮らしていく上で
同じ地域で暮らしている、障害とは全く関係のない方達が

障害がある子が困っている時に
スッと手を差し伸べられるように

色々な場面を設定して
障害と無関係な方でも…
解りやすく理解できるように、寸劇形式で発表し

理解を促してくれます。

小学生でも解りやすく
聞く事ができるよう考えられていて
とても良く出来ている楽しい講座でした。

ここでは「障害」ではなく
「苦手が多い子供たち」という言い方なんだけど…




苦手の多い子供。




走り回って、落ち着きのない子。

後ろから話しかけられるとビックリしてパニックになる子。

医療ケアが必要で、気管切開している子。

鼻にチューブをしていたり、胃ろうで栄養を摂る子。

足に装具をしている子。

微細運動の苦手な子。

言葉を持たないコミュニケーション。



などなど。



そういった子達の世界。


解りやすく、楽しく、そのような子達の世界観を
表現する様が、本当にとても素晴らしかったです。




レインボーのお母さん達は
知肢併置の「あきるの学園」の保護者の方達で
質疑応答では、知肢併置の学校はどんな感じなのか?
との質問にも、色々と答えて下さいました。


多分、みんなが思っている不安の1番は
知的の子が、肢体の医療ケアが必要な子に
いきなりワーッと走って来て、ガーンとぶつかったり
叩いたり、なども攻撃をしてはこないか?

といった不安。


そういった事は全くなく
知的の子の行動にも意味があり
意味もなく、そんな行動はしないって事。

そして、知肢併置の場合
時間割が微妙にずれていて、動線が同じになる事は
余りないという話で

そういった部分は管理職がしっかり
考えるべき事です。とも、ズバッと言ったりしてくれて


26年度に知肢併置になる、我が校の保護者の方達の
不安を少し払拭できたのではないかな?と、思いました。


ま、私の子は4月には居ないんだけど。。。^^;


でも知的支援に行く上でも
とっても実になる部分があり

勉強になりました。




めんどくさ~と思ったけど
何でも参加してみるもんだね。

無駄な時間ってないわ、ホント。www
行って良かった☆






NPO法人・レインボー
HPはこちらです。^^

http://sky.geocities.jp/rainbow_smile_2006/



一度、訪問してみて下さい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tomochi97

Author:tomochi97
名前:ともちゅ。


パパ・ママ(私)
娘ちゅ(長女)・りん(次女)
の4人家族です♪♪♪

長女(娘ちゅ)は
アンジェルマン症候群という
先天性の疾病をもって

生まれてきました。


太陽のような可愛い笑顔と
これまで経験した事のない
沢山の幸せと共に

私の人生において
たくさんの「意味」や「課題」も
両手いっぱいに抱え
私の元におりてきました。

これからもこの笑顔と共に
一緒に笑って
泣いて、悩んで

でも。



最後まで共に
てをつないだまんま
生きていきます。

最新記事
最新コメント
お買い物♪

「DHCオンライン」

DHCオンラインショップ

DHCオンラインショップ

「ごちデリ365」

ごちそうデリ365 吉野家 牛丼の具 ごちそうデリ365

「プレミアムバンダイ」

プレミアムバンダイ プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ

「ピザーラ」

ピザーラ

「じゃらん」

宿・ホテル予約ならじゃらんnet

「ピザハットオンライン」

ピザハットオンライン

「楽天トラベル」

楽天トラベル株式会社

「楽天市場」

楽天市場
楽天市場
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR